アップデート情報

当社は、適時アップデート(バージョンアップ)を行い、問題の修正や機能の改善に努めています。

ここでは、主なものをご紹介します。

2024年

6月

  • 単体の請求書および賃金支払書の内容をExcel形式でエクスポートできるようにしました。
  • 出勤票に「立替金」と「立替金メモ」欄を追加し、課税対象とならない立替金を請求書に反映できるようにしました。

4月

  • 賃金支払書に新しい書式を追加し、個人事業主などの外注先からの請求書として使用できるようにしました。
  • 賃金支払書でテンプレート選択機能を利用できるようにしました。賃金支払書ごとに好きなテンプレートを選択できます。

2月

2023年

12月

  • 未請求管理ページから請求書を作成するとき、関連付けれた取引先の消費税の設定が「内税」だった場合でも、請求書作成フォームのデフォルトの設定が「外税」になってしまう問題を修正しました。
  • 請求書および賃金支払書の作成フォームの「ToDo」チェックボックスのデフォルト値を設定で変更できるようにしました。

11月

  • 未請求管理および未支払い管理のページで、検索欄にテキストを入力して出勤票を絞り込みした状態で「すべてチェック」のチェックボックスをクリックすると、絞り込みされた出勤票にだけチェックが入るようにしました。
  • 出勤票の登録ページで作業員を検索するとき、作業員が所属する業者名でも検索できるようにしました。
  • 未請求管理のページから請求書を作成するとき、請求書のデフォルトの投稿先を、選択済みの出勤票の投稿先スペースから判断するようにしました。
  • 未支払い管理のページから賃金支払書を作成するとき、賃金支払書のデフォルトの投稿先を、選択済みの出勤票の投稿先スペースから判断するようにしました。

10月

  • 請求書や賃金支払書を印刷すると、稀に詳細テーブルにスクロールバーが表示されることがある問題を修正しました。
  • 請求書の一覧表に「法定福利費」のカラムと合計を表示できるようにしました。
  • 請求書と賃金支払書を別スペースへ移動するためのボタンを設置しました。

9月

  • 業者や作業員の登録/編集フォームで、入力された郵便番号から住所を検索して自動入力する機能の改善を行いました。
  • また、入力された郵便番号から住所を検索した際に、見つかった住所をフォームに反映させるかどうかの確認ダイアログを表示するようにしました。

8月

  • 請求書の「追加請求」欄で取引日を指定・記入できるようにしました。
  • 請求書に表示される消費税の詳細情報に、消費税率10%や8%の項目だけでなく、0%の非課税対象合計も表示できるようにしました。
  • 請求書で8%軽減税率を適用する項目に「*」記号を表示するようにしました。この記号は、設定で「※」や「☆」など、好きなものに変更できます。
  • 請求書で8%軽減税率を適用する項目がある場合、「*は軽減税率対象」というメモを表示するようにしました。このメモは、設定で好きな内容に変更できます。

5月

  • CSVエクスポート機能に「すべて」オプションを追加しました。
  • エクスポートされたCSVファイルで、業者データ、作業員データ、出勤票、請求書、賃金支払書などの編集履歴を追跡し、いつ、誰が、どのデータを変更したのかを確認することができるようになりました。

4月

  • 請求書と賃金支払書の詳細一覧表に横スクロールバーを追加し、モバイル端末などの狭い画面でも、横方向にスクロールして画面に収まらない部分を閲覧したり編集したりできるようにしました。

3月

  • [出勤票] > [登録] ページの出勤票が、(1) 業者名、(2) 現場名 の順序で表示されるように、既定の並び順を変更しました。
  • 出勤票の「翌日コピー」を行うとき、開始時刻を変更すると終了時刻もそのままの時間間隔を保ったまま移動するようにしました。
  • 出勤票の登録/編集フォームに「カテゴリー」欄を追加し、お客様の運用に応じて出勤票を分類できるようにしました。
  • [出勤票] > [登録] 画面で、出勤票と作業員の紐付けを解除するアイコンの位置を微調整し、モバイル端末での使い勝手を向上させました。
  • 請求書に法定福利費を計算・追加するためのプラグインを開発しました。
  • [会計] > [業者未請求管理] 及び [会計] > [賃金未支払い管理] に表示される出勤票の一覧表に、絞り込みを行うための検索ボックスを復活させました。
  • 一部の環境で日付選択カレンダーの月名が英語表記になる問題を修正しました。

1月

  • 出勤票、請求書、賃金支払書の一覧表をテキストで絞り込みしたとき、一覧表の下部に表示される合計が更新されない問題を修正しました。

2022年

12月

  • 一覧表の絞り込みフィルターに入力されたテキストが画面再読み込み後も保持されるようにしました。

10月

  • 作業員のマスターデータの生年月日に基づいて、現在の年齢を自動計算するようにしました。
  • インボイス制度への対応を行いました。
  • [会計] > [業者未請求管理] や [会計] > [賃金未支払い管理] ページの動作パフォーマンスを改善しました。

9月

  • 下方向にスクロールすることで次のデータを逐次読み込んで表示する、新しいタイプの一覧表を追加しました。
  • 業者、作業員、出勤票、請求書、賃金支払書を削除したときの詳細情報をログに残すようにしました。
  • 請求日が先月以前の請求書を編集し、送信しようとしたとき、本当に送信して良いのかどうかを確認するための警告ダイアログを表示するようにしました。

8月

  • 請求処理済みの出勤票を編集し、送信しようとしたとき、本当に送信して良いのかどうかを確認するための警告ダイアログを表示するようにしました。

7月

  • 請求書に表示される出勤票の詳細データを、出勤票のページ表示後に API から取得・表示するようにしました。これにより、特に大きな請求書を表示する際の「待たされ感」が改善し、詳細データ表示後に内容チェックを行い、何らかの問題が見つかった場合は警告を表示できるようになりました。
  • [出勤票] > [登録] ページに表示される、未決定の出勤票の一覧表に、開始時刻と終了時刻の列を追加表示できるようにしました。

6月

  • 出勤票、請求書、賃金支払書、業者、作業員のデータを CSV としてエクスポートするための画面を追加しました。
  • デスクトップ環境と同じ縮尺で iPhone や iPad の画面に表示するための小さなプラグインを作成しました。
  • [出勤票] > [登録] ページに、出勤票に作業員を紐付けるためのボタンを追加し、ドラッグ&ドロップがサポートされていないモバイル端末でも紐付け作業が行えるようにしました。
  • [出勤票] > [登録] ページに作業員の候補者を一覧表示する動作パフォーマンスの改善を行いました。
  • 業者のマスターデータの登録/編集フォームに「カテゴリー」のドロップダウンリストを追加しました。

5月

  • 作業員のマスターデータの登録/編集フォームに「経験メモ」欄を追加しました。
  • 作業員のマスターデータの登録/編集フォームの内容を見やすく印刷するためのプラグインを追加しました。
  • データベースの設計を見直しました。これにより [会計] > [業者請求済み管理] や [会計] > [賃金支払い済み管理] ページの動作パフォーマンスが大きく向上しました。

2月

  • 作業員に支払われる賃金から天引きされる「保険料」の額を手動で変更できるオプションを追加しました。

1月

  • 出勤票に記載されるデータを外注先への提示データとして利用できるようにする「支払明細書」のページを追加しました。
  • [出勤票] > [登録] ページで、複数のユーザーが同時に同じ作業員の紐付けを行ったとき、片方の紐付け作業が正しく完了しない問題を修正しました。
  • 請求書や賃金支払書に表示される差出元情報(請求元の会社名など)をスペースごとに設定できるようにしました。
  • 業者および作業員のマスターデータに「アクティブかどうか」の選択肢を追加し、現在はもう取引が終了した業者や作業員を一覧表示から除外できるようにしました。
  • 請求書や賃金支払書紐付けられた出勤票が、閲覧が許可されていない別のスペースに投稿されている場合、印刷前のページに警告を表示するようにしました。

2021年

12月

  • 出勤票の登録/編集フォームに、作業員に適用される所得税の種類(甲欄、乙欄、丙欄)のラベルを表示するようにしました。
  • 各スペースの [出勤票] > [登録] ページで作業員や業者を検索するとき、当該スペースに登録されたマスターデータから検索するか、他のスペースからも検索するかを選択できるようにする、管理者用の設定を追加しました。
  • 作業員の登録フォームで、選択された投稿先スペースによって「営業所」ドロップダウンリストに表示される選択肢(営業所名)が変わるようにしました。

10月

  • 当ソリューションを紹介するサイト「team-staffing.work」を公開しました。(当サイト)

9月

  • 出勤票への作業員の紐付けは、これまで [出勤票] > [登録] ページで作業員を出勤票へドラッグ&ドロップするしか方法がありませんでしたが、出勤票の登録/編集フォーム上のドロップダウンリストで検索・選択を行うことでもできるようになりました。
  • 業者、作業員、出勤票、請求書、賃金支払書などの一覧表に横スクロールバーを追加しました。
  • 業者、作業員、出勤票、請求書、賃金支払書などの一覧表の検索欄に「正規表現」チェックボックスを追加し、より高度な検索条件を指定できるようにしました。
  • 請求済みの出勤票を別の請求書に紐付けた場合、請求書のページに警告を表示するようにしました。

7月

  • それ以上の編集や変更が行われないように出勤票をロックする機能を追加しました。管理者は、ロックを行ったり解除したりできるユーザーを指定することができます。
  • 出勤票の登録/編集フォームで、TABキーだけでなくEnterキーを押したときも次の欄にフォーカスが移動するようにしました。

6月

  • 請求書に社印画像を表示できるようにしました。
  • 出勤票の詳細情報ページに、出勤票の作成者(投稿者)のユーザー名を表示し、誰によって作成された出勤票なのかがより分かりやすくなるようにしました。
  • 出勤票の登録/編集フォームの数値入力欄に、数字の最後に小数点(半角ピリオド記号)が入力された場合(例: 100.)、小数点が自動的に削除されるようにしました。

5月

  • [出勤票] > [登録] ページで、「翌日コピー」をすでに行っている出勤票に、コピー済みであることを示すアイコンを表示するようにしました。

3月

  • 業者や作業員の登録/編集フォームでは、これまで「郵便番号⇒住所」の自動変換機能が利用できましたが、逆の「住所⇒郵便番号」の自動変換もできるようにしました。

2月

  • 外部委託グループに所属する作業員を出勤票に紐付けたとき、出勤票の登録/編集フォームに、外部委託先であることを示す情報を表示し、外部委託用の所属税や保険料の計算を行うようにしました。
  • 出勤票の登録/編集フォームに「業種」のドロップダウンリストを追加しました。
  • 請求書の登録/編集フォームに、特別請求を行うための入力欄を追加しました。
  • 業者と作業員の登録/編集フォームに「残業単価」の入力欄を追加し、業者ごとおよび作業員ごとに異なる残業単価を設定できるようにしました。
  • 出勤票の登録/編集フォームに「手動変更」チェックボックスを追加し、残業代や保険料などを(自動計算ではなく)手動で直接入力できるようにしました。
  • 業者と作業員の登録/編集フォームに「色」のドロップダウンリストを追加しました。選択された色は、[出勤票] > [登録] ページの一覧表に反映されます。

2020年

3月

  • 会計ページの未請求処理、賃金支払書の未支払い処理、請求一覧表示、賃金支払書の一覧表示など、様々なページの動作スピードを向上させました。
  • 出勤票の登録/編集フォームの数値入力欄に小数点(半角ピリオド記号)だけが入力されたときなど、粗利欄に「N/A」を表示し、計算が正しく行われていないことを認識しやすくなる改善を行いました。

1月

  • 出勤票の登録/編集フォームに「粗利」欄を追加し、出勤票の登録時にその一件がおおよそいくらの利益を生むのかを把握できるようにしました。

2019年

12月

  • 請求済みまたは賃金支払い済みの出勤票から強制的に作業員の紐付けを解除し、[出勤票] > [登録] ページに再び表示されるようにした場合に、当該出勤票に警告を表示し、誤った作業員の紐付けが行われないようにしました。

11月

  • 作業員のシフト予約状況のデータベース管理画面を作成し、データベースからのエクスポートやデータベースへのインポートを簡単にできるようにしました。
  • 出勤票の終了日時が開始日時より前に設定されたときに警告を表示するようにしました。
  • [出勤票] > [登録] ページの一覧表のカラムを変更・設定できるようにしました。

10月

  • 請求書や賃金支払書の一覧表のカラムを変更・設定できるようにしました。
  • 請求額や賃金の支払情報を月ごとにまとめて表示できるようにしました。

9月

  • 出勤票に業者を紐付けたときに、業者のマスターデータで設定されている交通費が初期値として、出勤票の編集フォームに自動反映されるようにしました。
  • 業者および作業員のマスターデータ登録/編集フォームで、自動採番された数値が「ID」欄に既定値として自動入力されるようにしました。

8月

  • スタッフ宛の賃金支払書に別のスタッフに関連する出勤表が紐付けられているとき、警告を表示するようにしました。
  • 業者宛の請求書に別の業者に関連する出勤表が紐付けられているとき、警告を表示するようにしました。
  • 業者や作業員のマスターデータをインポートするためのRubyスクリプトを作成し、既存のシステムからの移行を容易にしました。
  • 出勤票の登録/編集フォームに、「中止」「遅刻」「早退」などのステータスを管理するためのドロップダウンリストを追加しました。
  • 出勤票の一覧表に、各出勤票の詳細画面へ移動するアイコンと、各出勤票の編集フォームを開くアイコンを追加しました。
  • 初回バージョンをリリースしました。